コンビニでお馴染みのコインベンダー式複合機を簡単に導入することが出来ます。コピー時の課金はもちろん、例えば図書室やホテルやインターネットカフェなどの備えつけのパソコンからプリントアウトするような場合にも課金が可能になります。

パソコンからのプリントアウト時の課金も可能!(京セラ製)

パソコンからプリントアウトの流れ

京セラコインベンダー式複合機

導入するのに大掛かりなシステムは不要。複合機およびパソコンに専用ソフトウェアをインストール、課金用コインベンダー機を接続するだけで完了です。もちろんインストール作業は弊社が責任をもって行いますのでご安心下さい。

主な納入場所

  • 学校や図書館、学習塾
  • ホテル、宿泊施設
  • インターネットカフェ、マンガ喫茶
  • レンタルオフィス
  • 書店・文具店などの店頭

特長

  • 5円~500円硬貨に対応しており、5円単位での料金設定が可能。
  • 1,000円札にも対応(オプション必要)してます。おつりも出ます。
  • 領収書キット(オプション)を付ければ希望者に領収書を発行することが出来ます。
  • お店の方やオーナー様は、コインベンダー機の課金を使わずに普通の方法でコピーやプリントアウトすることが可能です。
  • SHARP製コインベンダー機は全国3万数千件のコンビニで使われており、機器本体の信頼性・耐久性は抜群です。コンビニ設置台数では全国トップです。

お客様の声

A社様

私の店はちょうど高校の通学路にあり、近くには役所もあって人々の往来が結構あります。本業はたこ焼きや焼きそばを焼いて、今風にいえばイートイン形式で店内で食べてもらえるようになってます。コインベンダー機はよく来店してくれてた高校生が『ここで安い料金でノートのコピーが出来たらいいのに…』という一言があって、たまたま見つけたネットシステムオンラインさんに電話をして色々と相談に乗ってもらい導入を決めました。結果的には以前より多くの高校生が来店してくれて、特に試験前になるとノートをコピーするためにやってきます。モノクロのコピー単価を5円にしてますのでコンビニの半額です。でも来てくれればたこ焼きや飲料を買ってくれるので全体としての売り上げは以前より約20%増えました。コインベンダー機のリース料金もこれらのコピー売上げでまかなうことが出来てますので20%売上が増えた分は純増ということになり喜んでおります。

B社様

当店はインターネットカフェで2012年のオープン以来コインベンダー機を設置しています。そして昨年は旧機種がリースアップで新機種に入れ替えました。大体の使用枚数は、もちろん月によって変動はありますが、1ヶ月あたりでモノクロが1,500枚、カラーが200枚程度になります。そしてモノクロは1枚10円、カラーは1枚35円をいただいてますので売上は毎月22,000円ほどになります。ここからリース料金とカウンター料金の支払いを差し引いても多少はお金が残る計算です。お客様の中にはカラーコピーだけをとりに来る方もいらっしゃいます。多分ですが、コンビニですと1枚50円かかってしまいますが当店だと35円でカラーコピーが出来るからだろうと思います。長く営業をしてますので色々な方が来店されますが、このコインベンダー複合機については満足しております。

まとめ

このようにインターネットカフェなどのコインベンダー機の設置が定番ともいえる場所以外にも、A社様のように私たちが全く想定していない意外な場所に導入し成功されてるのを聞くと勉強になります。そして少しでも興味を持たれた方がいらっしゃればお気軽にご連絡をいただけますでしょうか。ベテランスタッフが丁寧に対応させていただきます。